点検・整備チェック項目

お買い物中に・・・!映画を見ている間に・・・!愛車の点検ができちゃいます!

定期点検は車の「健康診断」です。 日常点検をしっかりしているつもりでも、やはり最低でも一年に一度はプロの目できちんとした点検を受けたいもの。 多くのディーラーや整備工場では部品の交換なども含めた、お得な点検パックなどを用意しているので、不具合や故障が起きてから整備を頼むよりも、結果的にはリーズナブルに済みます。

点検・整備チェック項目

「1年点検」と「2年点検」

自家用車の定期点検には、ディーラーなどで行う「1カ月点検」「6カ月点検」と、法定点検である「1年点検」「2年点検」があります。 ここでは、普通乗用車を例に法定点検の内容を紹介します。

1年点検(12カ月点検)とは?

現在「自動車点検基準」で定められている1年点検の点検項目は26項目。 点検を済ませた車はフロントガラス左上にステッカーを貼ります。 法律的には義務ですが、罰則がないこともあって、すべてのユーザーが実施しているわけではありません。 ただし、定期点検をしていないことが原因で事故などを起こすと、整備不良が問題になりますので、安全のためにも点検は受けたほうがいいでしょう。特に古い車は点検を受けておいたほうが安心です。

2年点検(24カ月点検)とは?

現在「自動車点検基準」で定められている2年点検の点検項目は56項目。 点検を済ませた車はフロントガラス左上にステッカーを貼ります。 2年点検は車検を通すためには必ず実施しなければならない点検です。 チェック項目が細かいですし、安全装置のブレーキ・分解もともなうので専門の整備士に見てもらう必要があります。 通常は車検証とこの「24カ月(2年)点検記録簿」がいっしょになっています。

自家用乗用自動車等の定期点検基準
点検箇所 点検内容
1年点検 2年点検 (1年点検に以下の点検を追加)
かじ取り装置 ハンドル   操作具合
ギヤ・ボックス   取り付けるゆるみ
ロッドおよびアーム類   ゆるみ、がた、および損傷 ボール・ジョイントのダスト・ブーツの亀裂、および損傷
かじ取り車輪   ホイール・アライメント
パワー・ステアリング装置 ベルトの緩みおよび損傷 油漏れ、および油量取り付けのゆるみ
制御装置 ブレーキ・ペダル 遊び、および踏み込んだときの床板とのすきま ブレーキのきき具合  
駐車ブレーキ機構 引きしろブレーキのきき具合  
ホースおよびパイプ 漏れ、および取り付け状態  
マスタ・シリンダ、ホイール・シリンダ およびディスクキャリパ 液漏れ 機能、摩耗、および損傷
ブレーキ・ドラム およびブレーキ・シュー ドラムとライニングとのすきま シューの摺動部分、およびライニングの摩耗 ドラムの摩耗、および損傷
ブレーキディスク およびパッド ディスクとパッドのすきま パッドの摩耗 ディスクの摩耗、及び損傷
走行装置 ホイール タイヤの状態 ホイール・ナット、およびホイール・ボトルのゆるみ フロント・ホイール・ベアリングのがた リヤ・ホイール・ベアリングのがた
緩衝装置 取り付け部および連結部   ゆるみ、がた、および損傷
ショップ・アブソーバ   油漏れ、および損傷
動力伝達装置 クラッチ ペダルの運び、および切れたときの床板とのすきま  
トランスミッションん、およびトランスファ 油漏れ、および油量  
プロペラ・シャフト、およびドライブ・シャフト 連結部のゆるみ 自在継手部のダウト・ブーツの亀裂、および損傷
デファレンシャル   油漏れ、および油量
電気装置 点火装置 点火プラグの状態 点火時期 ディストリビューターのキャップの状態  
バッテリ ターミナル部の接続状態  
電気配線   接続部の緩み、および損傷
原動機 本体 排気の状態 エア・クリーナ・エレメントの状態  
潤滑装置 油漏れ  
燃料装置   燃料漏れ
冷却装置 ファン・ベルトのゆるみ、および損傷・水漏れ  
ばい煙、 悪臭のあるガス、 有害なガス等の 発散防止装置 ブローバー・ガス還元装置   メターリング・バブルの状態 配管の損傷
燃料蒸発ガス排出抑止装置   配管等の損傷 チャコール・キャニスタの詰まり、および損傷 チェック・バブルの機能
一酸化炭素等発散防止装置   触媒反応方式等排出ガス現象装置の取り付けのゆるみ、および損傷 二次空気供給装置の機能 排気ガス再循環装置の機能 減速時排気ガス減少装置の機能 配管の損傷、および取り付け状態
エグゾースト・パイプ、およびマフラ 取り付けのゆるみ、および損傷 マフラの機能
車枠、および車体   ゆるみ、および損傷

印の点検は、自動車検査証の交付を受けた日、または当該点検を行った日以降の走行距離が、年間あたり5000キロ以下の自動車については、前回の当該点検を行うべきこととされる時期に当該点検を行わなかった場合を除き、省略することができます。

まずはお気軽にご相談ください。Tel 0476-24-1288 お問合せはこちら

きざわにお任せください
スタッフの対応力
民間車検場の対応力

82%が女性のお客様


株式会社きざわ


株式会社 きざわ 【関東運輸局長指定 民間車検場】

〒286-0021
千葉県成田市土屋693-1
TEL:0476-24-1288
FAX: 0476-24-3538
e-mail: info@nrt-suzuki.com
古物商許認可番号 441110000993